THEME

あなたは、​日本の "SDGs"の現状について知っていますか?

166ヵ国中、17位

Sustainable Development Report 2020から出典

​上の順位はSDGsの総合的な達成度のスコア値による世界における日本の順位です。
ジェンダー平等や責任ある消費・生産、気候変動対策、パートナーシップに大きな課題があると指摘されました。

未だに残る日本の課題の1つは​「女性の活躍」

SDGs達成目標の一つに、目標5「男女平等を実現し、すべての女性と女の子の能力を伸ばし可能性を広げよう」があります。女性が活躍できるように差別や暴力をなくすことを目指しています。

sdg_icon_05_ja_2.png

​日本のジェンダーギャップ指数の総合スコアは、

153ヵ国中、121位

​世界経済フォーラム(World Economic Forum)が2019年12月に公表した「Global Gender Gap Report 2020」の中で男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数を発表。

​この指数は経済、政治、教育、健康のデータから作成され、2020年の日本の総合スコアは0.652です。

※1位はアイスランドの0.877。

​内閣府男女共同参画局、共同参画2020年3•4月号から出典

1317285_s.jpg

未だ埋まらない男女の働き方の格差

2014 年における労働力率を

男女別に見ると、男性が 70.4%であるのに対して、

女性は 49.2%となっており、依然として大きな隔たりがあります。

男女別労働力率推移

S__6381570.jpg
ピンクのノート

出展:POST2015プロジェクト

ladyup.jpg

アリババの創業者ジャック・マー氏も、会長退任された際のスピーチにて、「私は女性、特にアジアの女性のリーダーシップを完全に信じている。中国、日本ともにだ」と述べており、女性活躍を後押しするスピーチを発表されています。

「管理職は幸い34%を維持している。

アリババとしても、社員の女性比率を33%以下には絶対にしない。

これは非常に重要な指標だ」

出展:BusinessInsiderJapan

Lady UPは、女性が活躍できる社会を実現させるために、

女性がもっと世界に視野を広げ、新しいことに挑戦し、

世界をリードする気概を持つきっかけを増やしたいと考えています。