top of page
  • 執筆者の写真RUI

「若いうちに、たくさん恋愛をしろ」って言葉は本当か?

更新日:2023年9月4日





結論=どちらでもいい

が、その本当に自分の想いですか?


最初に結論をお伝えしたのは、

その人によって、恋愛において必要なものが違うからです。


一般的に「20代でやるべきこと◯選」みたいなものに「たくさん恋愛をしろ」と

書かれているのは否定はしないですが、人それぞれだろうなと考えてしまいます。


私も人並みに恋愛をしてきて、いっぱい失敗もしてきました笑


本当に個人的な意見ですが、

初めて付き合った人とそのまま結婚して今でも円満な人もいます。

また、たくさん経験値を積んでから結婚する人もいます。

(初めて付き合った人とそのまま結婚っていまどきあるの!?とか思っている人✋←私)


それで上手くいくかどうかは、自分とパートナー次第。


私自身の経験と、周りから相談を受けて感じることは、恋愛の数ではないということ。

一生懸命にどれだけ好きになって、素直になれたかだと思います。




死ぬ間際に後悔することは、

「もっと人を本気で愛すればよかった」


そう思う人が多いと言われています。


後悔する人が多いということは、

「大切な人や好きな人に、こんなことを伝えればよかった」

「もっと好きという思いを伝えればよかった」


など様々な想いが、「もっと人を本気で愛すればよかった」という言葉になるのだと思います。



私も、もっと想いを伝えれば変わったのかな

本当に好きで付き合っていない人もいたな

と思うことがたくさんあります。笑



恋愛暗黒期の時は、焦って恋愛していました。

20代前半、結婚し始める大学の同期

自分は彼氏もいないし、大丈夫なのだろうか!?


やばいと思い始め、アプリを始めるも

学歴と年収で絞り、付き合いたいと言ってくれた人と付き合う始末。


純粋すぎた私は、なんとなく好きになるも

その好きは長くは続かず振られて傷つく。

(今思うと、あんな男どもに涙を流した時間よ、ありがとう。)


好きという感情もわからなくなった時代を経て


もう結婚なんてどうでもいい。ちゃんと素直になることが一番だ!とケロッとした26歳になった矢先、会社の後輩と仲良くなり、私から告白し付き合うことに。(出来レースのレールを敷くのは得意)


今ではお別れしてしまいましたが、素直でありのままで付き合えたので、とても良い恋愛でした。


20代前半の時は、「これ言ったら嫌われるかな」とか

「こういったら喜ぶかな」とか

自分がどうしたいかより、相手にどう思われたいかを優先していました。


想いを伝えれば伝える分相手の反応があること、その反応によって自分が傷つくことを

恐れていたのだと気付きました。


焦って恋愛をして、変な男に涙を流す時期や、素直になった恋愛を経て今も自分らしく過ごしています。


たくさん、かどうかは置いておいて、

いろんな感情を経験したのは、本当にいい経験でした。


そのため、「若いうちにたくさん恋愛をしろ」というのは様々な経験をしようということではないでしょうか。

様々な経験をするということは恋愛に限らずなので、どちらでも良いと思います。


人は、色んな人と関わって成長していきます。

恋愛もそれ以外のこともその時の気持ちを大切にどうしたいかを考えてみてはいかがでしょうか。




תגובות


bottom of page