検索
  • Lady UP実行委員会

【REPORT】LadyUP 2020/3/15 開催

最終更新: 10月17日


大好評による第2回目の"Lady UP" を開催しました。

前回同様、世界への影響力を発揮している女性ゲスト3名をお迎えしました。


時代の変化やテクノロジーの進化によって、

女性の働き方・生き方も多様化している現代。

自分の力で「新しい価値」を生み出し、

自由な発信によってキャリアも自分で創造していく女性が世界で増えています。


しかし、日本では未だ男女平等社会の評価が低く、

SDGs(持続可能な開発目標)においては、

給与格差・男女平等の溝が

埋まり切れていない状況です。

女性が輝ける社会を実現させるため、

自分らしく生きる選択肢を増やすため、

普段はそれぞれの環境で活躍する女性たちによる

女性限定トークイベント



ゲストスピーカーには

時代の流れを敏感にとらえながら

最先端をいくお三方をお迎えしました。


ゲスト①

マツコ会議やモノマネグランプリでも大活躍。

テレビレポーターから芸人との異色の経歴をもつ

ちあきのこさん


ゲスト②

ステンレスストローのブランド「のーぶら No Plastic Japan」を設立。

大企業のコンサルタントと同時に個人でも様々なプロジェクトやイベントを手がけている

ノイハウス萌菜さん


ゲスト③



英BCCが選ぶ世界の人々に影響を与えた女性100人「100Woman」に選出

職場で女性のみにヒールやパンプスを義務付けることは性差別であるとし、

#Kutoo」運動を展開する

Erikaさん


司会には20代女性に向けた

エンパワメントサイト"Atlas"を立ち上げ

現在は様々な活動に取り組んでいる

さちかさん

にお越しいただきました。


司会さちかさんの進行でイベントがスタート。

最初は、それぞれ約10分間ほど、

経歴や現在の活動のスピーチから始まりました。



その後トークセッションがスタート。

トークセッションは前回よりも長い約50分間、

さちかさんやお客さんからから

ゲストスピーカーに質問し

それぞれ答えていただきました。


「仕事を通して自分自身の存在意義はなんなのか」

「仕事のバランスを自分で取っていく」

など参加者自身が考える時間になりました。



トークセッション後は、ピンチョスやお洒落なドリンクを片手に懇親会で意見を交換。

パーティーのような雰囲気で参加者の方とスピーカーの距離が縮まり、

スピーカーの周りに円を描きながら話を聞く参加者の方の姿が印象的でした。



協賛企業3社の協力でコスメなど、最新のグッズを体感できるブースも展開し

20代女性を中心に74名動員。

満員御礼でイベントが終了しました。



参加者の方からは


・ゲストの苦労話などのここでしか聞けない裏話まで聞くことができて

終始背中を押されるように力付けされました。


・こだわりの徹底ぶりが凄く!

事業と生活の一貫性を持っているところに

自分とのギャップを感じました。


・レイアウトやパンフレットまで素敵なデザインに囲まれた空間で

非日常を体験できました。


・のーぷらの来場者プレゼントが嬉しく家でも使っています。


という声をいただくことができました。



今いる現状を知り、

一歩外へ踏み出してみること。

視野を広げること。

色んなことにチャレンジすること。


そのきっかけや、選択肢を提供することが

私たちの使命だと感じております。

少しでも多くの女性が輝ける社会の実現の向けて

今後もLady UPを開催していきます。


協賛企業(敬称略)

Chou Chou(雑貨店)

CITRA(美容サロン)

PIT(喫茶店)






         Lady UP実行委員会

57回の閲覧

See you September 12th!